スピードスケート小平選手の偉業と支えた病院

スピードスケートの世界スプリント選手権で,女子の小平奈緒選手が総合優勝しました。
報道はあまり大きく取り上げていませんがすごい事です。
今年の小平選手はほとんどの大会で優勝していて期待されていたのですが,大きな大会での総合優勝は今後の自信にもつながる事でしょう。
2年前からスピードスケート王国のオランダに渡った事は知っていたのですが,本場のトレーニングで肉体改造とスケーティング技術が上がったのかもしれません。
彼女は信州大学を卒業した文武両道の選手ですが,以前から気になっていた事があります。
それは所属が実業団ではなく地方の局間病院という事でしたが,今回の一部新聞報道で理由がわかりました。
大学卒業後も競技を続けたい彼女の就職先がなかなか決まらなかったので,大学時代のコーチが彼女がケガをした時などに通っていた病院に受け入れをお願いし,彼女の人柄をよく知っていた病院側が承諾してくれ職員として現在に至っているようです。
過去のオリンピックでメダルまで届かなかった彼女を色々な面でサポートし続けているのは素晴らしい事です。
小平選手は見た感じも地味でマスコミが大きく取り上げたいキャラクターではないのかもしれませんが,是非来年の冬季五輪でも活躍して脚光を浴びて欲しいと願います。お金 借りる 急ぎ